”季節スイッチ予報します” ビジネス気象研究所 : 株式会社ライフビジネスウェザー

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


残暑厳しく「秋冬物前線」の南下遅れる見通し

LBWのビジネス気象研究所では、過去3年間の全国のPOSデータと気象の関係から、秋冬物の売れ始める時期を「秋冬物前線」として分析しました。

その結果、お盆を過ぎて最高気温が30℃を下回る頃になると、おでん前線が、25℃前後になると湿度の低下とともにマスク前線やボディローションクリーム前線が北から南下することが分かりました。この先も全国的に残暑が厳しく、また秋にはラニーニャ現象が発生する見通しから、9月10月の気温も全国的に高めで、秋の深まりはゆっくりでしょう。秋冬物前線の南下は、過去3年の傾向に比べて2~3週間ほど遅めになりそうです。

おでん前線_第一波(修正済).png
マスク前線(修正済).png
ボディローションクリーム前線(修正済).png

データ提供:カスタマー・コミュニケーションズ株式会社が構築・運用する
全国のドラッグストア・スーパーマーケットなどの消費者購買情報を統計化した
標準データベース「TRUE DATA」

西日本中心に2年ぶりの厳しい残暑

おでん前線が北日本から南下を始めるのは9月に入ってから、東・西日本に到達するのは9月半ば頃でしょう。マスク前線の南下は北日本で9月下旬、東・西日本は10月に入ってから、ボディローションクリーム前線の南下は北日本でも10月に入ってからとなりそうです。ここ2年は西日本中心に8月の気温が低く、早めに秋が訪れていたことから、秋冬物前線も早めの南下でしたが、今年は3年ぶりに遅めの南下となるでしょう。

防災気象情報・天気予報

防災気象情報・天気予報

防災気象情報・天気予報防災気象情報・天気予報

防災気象情報・天気予報

What's NEW